過敏性腸症候群

過敏性腸症候群(IBS)とは

ストレスによって腹痛が起こり、下痢や便秘を繰り返す疾患です。体質だからとあきらめている方も多いのですが、治療で改善できる病気です。こうした症状は他の消化器疾患によって起こっている可能性もありますが、検査をして異常が認められない場合には過敏性腸症候群(IBS)が疑われます。過敏性腸症候群(IBS)は下痢のイメージが強いのですが、便秘の症状が現れることもあります。
下痢や便秘といった症状を市販薬などで抑えていると悪化しやすく、お仕事や生活に支障をおよぼす可能性が高いため、できるだけ早く受診して適切な治療を受け、クオリティ・オブ・ライフを向上させることをおすすめします。

過敏性腸症候群(IBS)の症状

  • 腹痛や腹部不快感といった症状が、過去3ヶ月で1ヶ月に3日以上繰り返し起こった
  • 腹痛や腹部不快感が排便によって改善する
  • 症状が現れている時の排便頻度や便の形状が通常と異なる

    下痢型、便秘型、下痢と便秘を繰り返す混合型(交代型)に大きく分けられ、腹痛に下痢や便秘などの便通異常がともない、長期間こういった状態が続きます。他に腹部の膨満感、無意識におならが出るなどの症状もあります。腹痛は排便によって一時的に解消することが多くなっています。なお、睡眠中には症状が現れることがありません。

過敏性腸症候群の原因

はっきりとした原因はまだわかっていませんが、自律神経によってコントロールされている腸の蠕動運動が乱れることにより起こっていると考えられています。腸の蠕動運動が鈍くなると便秘になり、活発になり過ぎると下痢を起こす傾向があります。自律神経はストレスによる影響を受けやすく、緊張・不安・過労・睡眠不足・不規則な生活・暴飲暴食などによって自律神経の働きが乱れます。蠕動運動は自律神経にコントロールされているため、自律神経が乱れると蠕動運動も乱されて下痢や便秘、腹痛につながります。
それ以外では、内因性として腸内細菌や食事、外因性として大腸粘膜の炎症や遺伝などの影響も指摘されています。

過敏性腸症候群の検査

過敏性腸症候群の検査過敏性腸症候群は内視鏡検査で他の疾患がないことを確認した上で診断されます。腹痛に便秘や下痢を繰り返す疾患は多く、潰瘍性大腸炎やクローン病、ポリープやがんなど早急に適切な治療を必要とする重大な病気の可能性もあるため、大腸内視鏡検査で粘膜を直接観察して確かめる必要があります。当院では内視鏡専門医が楽に受けられる苦痛のない検査を行っていますので、安心していらしてください。

過敏性腸症候群の治療

下痢型・便秘型・混合型といったタイプ、症状の強さや現れるタイミング、ライフスタイルなどに配慮し、薬物療法を中心に、生活習慣改善のアドバイスや漢方も取り入れながら治療を行っていきます。

薬物療法

使われる薬には、腸内細菌叢(さいきんそう)を整えるもの、腸管の動きや便の硬さの調整をするもの、腸の過敏性を改善するもの、そしてストレスによる気持ちの落ち込みや不安を抑制するものがあります。また、症状が出る前の予兆を感じた際に服用することで、症状を抑えることができる薬剤もあります。
患者様ができるだけ快適に生活を送ることができるよう、お考えやライフスタイルなどにもきめ細かく合わせてご相談しながら決めていきます。

漢方

漢方は便秘や膨満感に効果が期待できるものがあります。桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)は自然に近いお通じを促進し、桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)はお腹の張りを軽減してくれます。

生活習慣改善

水分補給

便秘型だけでなく、下痢型や混合型であっても十分な水分補給は重要です。ただし、下痢型の場合には冷たいものが刺激になって下痢を起こしやすいため、常温のものを飲むようにしてください。

十分な睡眠・規則正しい生活

自律神経の働きを整えるために、睡眠や規則正しい生活を心がけ、3食も決まった時間にとるようにしましょう。食事を規則正しくとると、腸の蠕動運動も整ってきます。また、体内時計を正常に戻すためには、朝日をしっかり浴びることも役立ちます。

バランスが良く食物繊維豊富な食

下痢型・便秘型・混合型のどのタイプであっても、食物繊維の積極的な摂取は便通改善に役立ちます。ただし、とり過ぎるとかえって悪化させる可能性もありますので、医師のアドバイスに従って摂取してください。

腸内細菌叢を整える

乳酸菌は腸内細菌のバランスを整える効果が期待できます。乳酸菌というと飲料やヨーグルトなどを思い浮かべますが、漬物にも多く含まれています。

腸に負担をかけることを控えましょう

喫煙や飲酒、唐辛子など刺激が強い香辛料、脂肪分の過剰摂取、暴飲暴食は消化器への負担が大きいため、できるだけ控えてください。

TEL:024-922-2818
一番上に戻る