アニサキス

胃アニサキス症とは

胃アニサキス症とはアニサキスは寄生虫で、幼虫はサバ・アジ・サケ、イカなどの内臓や筋肉に寄生し、それを捕食したクジラやイルカが最終宿主になります。人間は宿主にはなりませんが、生食して感染すると体内でアニサキスが数日間は生息でき、その間に激しい胃痛などの症状を起こす胃アニサキス症を発症します。アニサキスがアレルゲンになっている場合には、生食ではなくても蕁麻疹やアナフィラキシーなどの症状を起こすアニサキスアレルギーを発症します。

胃アニサキス症が起こる原因

アニサキスの幼虫が含まれた魚介類を生食することで胃アニサキス症を発症します。アニサキスは加熱(60℃で1分以上)冷凍(-20℃で24時間以上)で死滅するため、解凍ではない新鮮な刺身など完全に火が通っていない魚介類を食べて数時間以内に激しい胃痛が起こった場合には、アニサキス感染が強く疑われます。
アニサキスアレルギーの場合には、加熱冷凍してもアニサキスがいた魚介類であれば発症する可能性があります。

症状

胃アニサキス症

  • 激しい胃痛
  • 腹痛
  • 吐き気
  • 嘔吐

アニサキスアレルギー

  • 蕁麻疹
  • 粘膜の腫れ
  • 呼吸困難
  • 血圧低下などのアナフィラキシー症状

検査と治療

まずは数時間以内に魚介類の生食をしたかどうかを確認します。その上で、胃粘膜の状態を直接確認できる内視鏡検査を行います。激しい胃痛という症状は、急性膵炎(すいえん)や胃潰瘍、十二指腸潰瘍で起きている可能性があり、その場合には早急に適切な治療が重要になってきますので、早めに受診してください。

内視鏡による検査と治療

アニサキスの幼虫は内視鏡であれば発見できる大きさですし、内視鏡検査の際にアニサキスを除去できますので、検査と治療を同時に行えます。アニサキスを除去できれば症状はすぐに改善していきます。
既往症などがあって内視鏡検査と治療が行えない場合には、胃薬・痛み止め・アレルギーを抑える抗ヒスタミン剤やステロイドなどを用いた治療で症状を緩和させてアニサキスが自然に死ぬのを待ちます。
なお、アニサキスアレルギーの場合には、速やかにアナフィラキシーの治療を行います。

 

TEL:024-922-2818
一番上に戻る