大腸カメラ

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)について

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)について

大腸内視鏡検査は直腸から盲腸までの大腸粘膜を直接観察し、微細な炎症やポリープ、がんなどを発見可能な検査です。肛門から内視鏡を挿入して、腸内粘膜を隅々まで確認できますので、早期大腸がんの発見にも唯一有効な検査です。また、組織を採取して生検を行うこともできますし、検査で発見した小さなポリープや早期の小さい大腸がんの安全な切除もその場で行うことができます。

 早期発見に不可欠な大腸内視鏡検査

大腸がんは早期発見と適切な治療で完治可能な病気ですが、早期発見が唯一できる大腸内視鏡検査がまだあまり普及していないためかなり進行してからの発見が多くなり、結果完治が難しいケースが多いのが現状です。当院ではより早い段階で発見できるよう、病変を強調表示できる特殊な光や、画像を100倍拡大するといった機能を持つ最新の内視鏡システムを2台導入しています。内視鏡の専門医である院長が苦痛を抑えた丁寧に検査を行っております。お気軽にお問い合わせください。

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を受ける重要性について

大腸ポリープは良性のものでも放置しているとがん化することがあるため前がん病変と呼ばれていますが、ポリープの段階で切除してしまえば将来の大腸がんを予防することができます。大腸内視鏡検査では、ポリープやがんの早期発見と、その場での切除が可能です。そのため、定期的に大腸内視鏡検査を受けていれば大腸がんによって死亡するリスクは限りなくゼロに近付きます。日本で増え続けている大腸がんの死亡者数を減らすためには、大腸内視鏡検査を気軽に受けていただくことが重要です。内視鏡専門医として、地域の皆様から大腸がんで苦しまれる方を少しでも減らすことに貢献できればという思いがあり、当院では楽に受けていただける大腸内視鏡検査を提供しています。リスクの高まる40歳を超えたら、大腸内視鏡検査をご検討ください。

当院の大腸内視鏡検査の特徴

特徴1 苦痛のない大腸内視鏡検査のために

当院の大腸内視鏡検査の特徴

大腸内視鏡検査に苦しい印象を持っている方はかなり多いのですが、最新の内視鏡システムを使い、熟練した内視鏡専門医が検査を行うことで苦痛は大幅に減らすことができます。また、当院ではウトウトした状態で検査を受けられる軽い鎮静剤を使用しているため、検査に不快感はありません。これによりお身体から余計な力が抜けてスムーズな検査が可能になって短時間で高精度な観察ができますし、患者様のへご負担も少なくなっています。

特徴2 大型ハイビジョン液晶モニター導入

当院では、反射や映り込みがなく、角度を自在に変えることができる大型ハイビジョン液晶モニターを導入し、微細な色調変化や凹凸など形状変化を確認できるようにしています。画面が大きいハイビジョンですから、リアルタイムな粘膜の様子を高詳細な画像で瞬時に確認できますし、斜めの位置から見ても画質が変わらないので精度の高い観察を短時間で行うことができます。

特徴3 ゆっくりお休みできるリカバリールーム

当院では、鎮静剤を用いた楽に受けられる内視鏡検査を行っており、検査後は鎮静剤が完全に冷めるまでゆっくりリカバリールームでお休みいただいています。それぞれカーテンで個室に仕切れるベッドが11床ありますので、リラックスして心ゆくまでお休みいただけます。また完全に回復されてからのご帰宅となりますので、ご自身で運転されてのご帰宅も可能です。

特徴4 無送気軸保持短縮法について

大腸内視鏡検査では、熟練した内視鏡専門医が適切な内視鏡の挿入手法を用いて行うことで苦痛をほとんど生じさせない検査が可能になります。ほとんどの苦痛や不快感は、内視鏡の挿入時に起こっており、それを防ぐための理想的な手法が無送気軸保持短縮法です。大腸は曲がってねじれており、部位や年齢、体質、腹部手術経験の有無などによって千差万別です。無送気軸保持短縮法では、大腸を手前に畳み込みながら内視鏡を進めていくため、どのような大腸であっても引き伸ばされることや余計な空気が入ることがありません。これにより幅広い方に楽で安全な検査を受けていただけるのです。

 

特徴5 最新鋭の内視鏡システムである「レザリオ」「エリート」の2機種を導入

  • レザリオ
  • エリート

当院では患者様に合わせた最適な内視鏡検査が行えるよう、オリンパス製と富士フィルム製の内視鏡システムを両方導入しています。通常観察と近接拡大観察を容易に切り替えることができるオリンパス製の「EVIS LUCERA ELITE(イーヴィス ルセラ エリート)」、明るいレーザー光源を持っており、吸引性能や送気・送水管路構造が優れ画面の質を保ちやすい富士フィルム製の「LASEREO(レザリオ)」と、それぞれの特性を生かした検査を行うことが可能です。どちらも画像強調観察により早期の病変発見能力に優れ、挿入性も大幅に向上した最新機器であり、大学病院レベルの検査が可能です。そのため、精度の高い検査を短時間で行うことが可能になっており、幅広い方に苦痛のない検査を提供できます。

特徴6 おなかが張らない炭酸ガス送気システムを導入

通常の大腸カメラ検査では、大腸に空気を入れて膨らませることで小さな病変や粘膜のヒダに隠れた病変を見逃さずに観察することができます。ですが、空気を入れることによって検査後もお腹の張りがつらいと感じる方が多くいらっしゃいます。腸管内に入った空気は、おならとして体外へ排出されるか腸管から吸収するしかありません。そのため、腸管の奥にある空気はなかなか排出されずに数時間かかることがあります。最新の炭酸ガス送気システムは、空気の代わりとして炭酸ガスを腸管へ送り、検査を行います。炭酸ガスは空気よりも吸収が200倍早いので、検査後の不快なお腹の張りや腹痛を軽減してくれます。当院では、患者様の負担を軽減するために、検査後の不快感をなくす工夫として炭酸ガス送気システムを導入した大腸カメラ検査を実施しております。

 

大腸がんのリスク

大腸がんは年齢によって大腸がんリスクが上昇していき、60代でピークを迎えますが、リスクが上昇しはじめるのは40歳を超えた頃です。ただし、それより早く発症する可能性が高くなる高リスクの要因がいくつかあります。

  • ご家族に大腸がんになった方がいる
  • 高カロリー摂取の傾向がある
  • 肥満
  • アルコールの過剰摂取
  • 喫煙歴がある

早期の大腸がんには自覚症状が乏しく、内視鏡検査以外いで発見することはほとんどできません。そのため、一般の方であれば40歳を超えたら、高リスクの方にはそれより前の内視鏡検査をおすすめしています。

便潜血検査は大腸がんを見逃すことも

大腸がんや大腸ポリープには自覚症状がほぼないので、検査で見つけるしかありません。健康診断などでよく行われている便潜血検査は、大腸がんをある程度発見できる検査ですが、早期の大腸がんや前がん病変のポリープ見つけることはほとんど不可能ですし、かなり進行した大腸がんを見逃すこともある検査です。便潜血検査で異常がなかったからと安心してしまうのは、とても危険なことなのです。進行してしまうと開腹手術などお仕事や生活に支障を与える治療が必要になりますが、早期の大腸がんや大腸ポリープであれば内視鏡検査時に切除することで治療が完了します。
便潜血検査で陰性という結果が出ているとしても、定期的な大腸内視鏡検査を受けることは、ご本人の健康とご家族全体を含めたクオリティ・オブ・ライフを守ることにもつながります。

検査の流れ

検査前日

朝食と昼食は通常で結構です。
夕食は午後6時頃消化の良いもの(うどん・汁)を食べてください。
夜5時と夜7時にお渡しした下剤を服用していただきます。

検査当日

朝8時から10時までに事前にお渡しした大腸洗浄液を服用し、腸内をきれいにします。
こうした事前処置に関しては、あらかじめくわしくお伝えし、ご質問にもお答えしています。ご不安がありましたら、なんでもご相談ください。

ご来院

受付にお声がけいただいたら、更衣室にご案内します。
検査着に着替えていただいたら、検査直前に鎮静剤と腸の緊張を和らげる薬剤を注射します。
なお、高齢の方など脱水予防処置が必要な際には点滴も行います。

検査

検査室のベッドで横になっていただき、肛門から内視鏡を挿入して奥の盲腸まで進ませ、戻しながら粘膜の表面を直接、隅々まで観察します。検査の所要時間は15分程度ですが、組織採取やポリープ切除などを行った場合にはもう少し時間がかかります。

 

 

リカバリー

検査終了後は、リカバリールームでゆっくりお休みいただきます。当院には11床のベッドがあり、カーテンで完全に仕切ることができますからリラックスしてお過ごしいただけます。
全身状態をチェックして鎮静剤の効果が完全になくなったことを確認した上で着替えていただき、検査結果をお伝えしたらご帰宅となります。
なお、鎮静剤の影響が完全になくなるまでお休みいただくため、ご自分でお車を運転してのご帰宅も可能です。

料金表

※初診時の診療費用は別途かかります。また金額はすべて税抜です。こちらは目安の料金となります。

1割負担の場合 3割負担の場合
大腸内視鏡検査 約2,000円前後 約5,000円前後
TEL:024-922-2818
一番上に戻る